料理

【楽飯シリーズ】ミキサーでつくる”絶品”ドライカレー【お試しあれ】

25歳の夏。実家に帰省した時に、おふくろの作るドライカレーに涙した豚野(ぶたの)です。

夏の終わりが近づいてきましたね。

皆様はお盆時期、どう過ごされましたでしょうか?

豚野(ぶたの)は、田舎へ帰省をしておりました。昔は食べ飽きた母のあのドライカレー。その味に感動した夏でした。

いやぁ。美味しかった。

上段抜きで美味しかった。早速レシピを母に教えていただきました。

作り方が楽過ぎたので、是非真似してみて下さい。

材料

夏野菜で作るドライカレー

夏野菜で作るドライカレー。

ご自宅の冷蔵庫に余っている、夏野菜たちに救済を。

母はナスを。さらにはズッキーニを材料にいれ、特製ドライカレーに大変身を遂げていました。

他には冷蔵庫に余っているという理由でキャベツも入れる母。脱帽である。

”かぼちゃ”も合いそうでいいかもしれません。

”きゅうり”や”ゴーヤ”とかはやめておいた方がいいかも。。

ドライカレーの季語は絶対「夏」で間違いないでしょう。

水は不要!

本来は水を入れるドライカレーですが、今回はトマト、リンゴからの水分を利用します。

カレールーを溶かしたり、ぐつぐつ煮込んだりするのに水分は必要ですので、もし水分が少なかったら水を少し入れてください。

スパイス

クミン、ターメリック、コリアンダー。正直これは入れても入れなくても大丈夫です。

入れると風味が増しますが、味のベースとなるカレールーも入れるので、スパイスはお好みでいいかもしれません。

入れる場合は、各こさじ1で入れます。

レシピ

まずは簡単にレシピの紹介。

手順① 下ごしらえ

まずはミキサーを用意しましょう。これがないと面倒くさい。

たまねぎ、にんじん、しょうが、にんにく、(ナス、ズッキーニ)などを一口大にカットします。

リンゴとトマトも一口大にカットをしておく。

手順② ミキサーにカットした野菜をミキサーに入れスイッチON

カットしたたまねぎなどの夏野菜をミキサーにかけます!

※りんごとトマトは入れないこと!

りんごとトマトは後程(手順④で)ミキサーにかけます。

手順③ ミキサーにかけた野菜と豚肉を炒める

フライパンにオリーブオイルを引き、手順②でミキサーにかけた野菜を炒めます。

しんなりするまで!

そして豚ひき肉を追加で炒めます。

手順④ カットしたトマトとリンゴをミキサーに入れスイッチON

カットしたりんご、トマトをミキサーにかけます!

手順⑤ フライパンにりんご、トマトを入れる

手順④でミキサーにかけたりんご、トマトをフライパンに入れる。

手順⑥ コンソメ、スパイス、カレールーを入れて味をととのえる

コンソメ、スパイス、カレールーを入れ煮込みます。水分が少なくなってくるまで

まずはカレールー1個を入れることをお勧めします。

手順⑦ 水分量が減るまで煮込み、味をととのえれば完成!

水分が少なくなってきたら味を見て、うす味であれば追加で1ブロックのカレールーを追加しましょう。

カレールーを3ブロックも入れてしまい、味が濃すぎた。。泣。

皆さんはお気をつけて。

付け合わせのゆでたまごは絶品です!

今回は、付け合わせは、ポン酢で味をつけた”味玉”になります。

カレーに、ポン酢味玉が抜群にあうのをご存じ?嘘だと思ったら是非。

余談でした。

きれいに盛り付ければ、母のドライカレーの完成です。

試してみて下さい。それではバイバイ!