サッカー

今大会はまさに神会!【ワールドカップ-W杯-】グループステージ終結。そして決勝トーナメント16強国が決定!

こんにちは、ぶたのです。

abema(アベマ)でワールドカップ全64試合が見れる(しかも無料)ということで、全部見てます豚野(ぶたの)です。

豚野(ぶたの)

当然 ”ねぶそく” ですよね~

今回のワールドカップ。舞台は”カタール首都ドーハ”です。

ドーハといえば。。1994年に起こってしまったあの悲劇を覚えていますか?

日本はそれ以来、ほんとに強くなったと思う!W杯は今年2022年のカタール大会で6大会連続出場を決めています。

日本-W杯成績-

歴代W杯成績

  • 1998年:グループリーグ敗退(フランス)※ドーハの悲劇
  • 2002年:ベスト16(日韓)
  • 2006年:グループリーグ敗退(ドイツ)
  • 2010年:ベスト16(南アフリカ)
  • 2014年:グループリーグ敗退(ブラジル)
  • 2018年:ベスト16(ロシア)

2022W杯アジア地区最終予選

日本はグループB。3戦目まででまさかの”1勝2敗”。4戦目でなんとかオーストラリアに勝利し、W杯出場の可能性を繋げた日本は、7戦目まで勝利を落とさず。8戦目のサウジアラビア戦と9戦目のオーストラリア戦で勝たないとW杯は出場できない状況。

8戦目、サウジアラビア戦。9戦目、オーストラリア戦の直接対決に勝利した日本はW杯出場を決めましたね。

豚野(ぶたの)

本当に危なかった。。当たり前にW杯に出場してはいないのです。

今大会のW杯予選は本当に危なかった。

  • 1戦目:敗北 日本 0-1 オマーン
  • 2戦目:勝利 中国 0-1 日本
  • 3戦目:敗北 サウジアラビア 1-0 日本
  • 4戦目:勝利 日本 2-1 オーストラリア
  • 5戦目:勝利 ベトナム 0-1 日本
  • 6戦目:勝利 オマーン 0-1 日本
  • 7戦目:勝利 日本 2-0 中国
  • 8戦目:勝利 日本 2-0 サウジアラビア
  • 9戦目:勝利 オーストラリア 0-2 日本
  • 10戦目:引分 日本 1-1 ベトナム
豚野(ぶたの)

最後、ベトナムに引き分けたのはご愛敬。

10戦目のベトナム戦にもし勝っていればグループB首位突破でW杯出場でした。

グループAは、イラン首位突破。韓国が2位でW杯出場を決めました。

グループBは、サウジアラビアが首位突破、日本が2位突破でW杯出場を決めました。

日本のアジア地区最終予選の試合はこちらの動画でふりかえろう!

グループA

グループB

アジアからは6カ国W杯出場も!

オーストラリアは、3位で終わり、アジア地区最終予選での出場を決めることができませんでしたが、大陸間プレーオフ(敗者復活戦)での勝利にてW杯出場を決めました

そして、開催国枠としてカタールが無条件でW杯出場が決まっています。(カタールはW杯初出場!健闘を祈る)

アジアからは6カ国が出場ということになります。アジアの地の利を活かして勝利を量産できるかが期待!

  • カタール :開催国として出場
  • イラン  :最終予選Aグループ首位
  • 韓国  :最終予選Aグループ2位
  • サウジアラビア :最終予選Bグループ首位
  • 日本  :最終予選Bグループ2位
  • オーストラリア  :プレーオフ枠(敗者復活)

カタールW杯のポイントは?

今回のワールドカップのポイントをご紹介!

①イタリアは”今年”もW杯出場できず

強国イタリアはW杯を過去出場18回(日本は7回目)の出場を誇るサッカー強国。イタリアのサッカーリーグの”セリエA”は、数多くの優秀なサッカー選手が試合出場を夢見るレベルの高いリーグ(欧州5大リーグの1つ)として名をはせています。

また、イタリアはW杯で3回の優勝を誇っています。そんなイタリアも国を背負うプレッシャーに押しつぶされてしまったのか?イタリアサッカーのレベルが落ちたのも要因の1つなのか?

実は前回大会2028年ロシアワールドカップも欧州予選で敗退し2大会連続で出場できなかったのです。

②賛否両論!?オフサイドディレイ

「あきらかなオフサイドなのに副審が旗を挙げない。」
「主審がゴールが取り消した。」
試合中に見たこと感じたことありませんか?

主審がゴールを取り消したのは、VARのサポートによるもの。

オフサイドなのに旗を挙げないのは、オフサイドディレイ導入によるものです。

今回のカタールワールドカップでは、オフサイドディレイを積極的に導入しているイメージですよね。

そのため、あきらかなオフサイドでも副審は旗を挙げず、VARのサポートを待つのです。オフサイドとジャッジされたあとのプレイはアディショナルタイムに回されるのでしょうか?

豚野(ぶたの)

今大会は、アディショナルタイム5分~15分とか。比較的ながいですよね。アディショナルタイムもAIが時間を表示するらしい。仕方ない。これからのサッカーでは長くなりそうですね。

③クリロナ、メッシも?最後のW杯か!?

世代交代の時が来ましたね。前回大会でイニエスタが代表引退を発表したように、今大会でも引退が噂されたら、

代表引退を噂されている選手たちも今大会多く存在します。

  • メッシ(34歳) アルゼンチン代表の引退をほのめかす
  • ネイマール(30歳) 代表引退の噂
  • ルカ・モドリッチ(37歳)年齢的に最後か?
  • クリロナ(37歳)年齢的に最後か?
  • ダニエウ・アウベス(39歳)年齢的に最後か?
  • カバー二(35歳)代表引退の噂

④ロシアは出場全面禁止

ウクライナとの戦争の影響でロシアはW杯の出場を禁止に。

ロシアリーグのクラブもUEFAなどの試合にも全面禁止になってしまっています。ロシアリーグで活躍する日本人サッカー選手も少なくないですが、国際試合に出れないのは悲しいですよね。

⑤64年(16大会)ぶりのW杯参戦-ウェールズ-

ベイル率いるウェールズが64年ぶりにW杯に出場がきまりました!活躍、結果が気になるところです!

2022年FIFAカタールW杯開催!

全64試合中48試合が終了。明日から決勝トーナメントが始まりますね。その前に…

豚野(ぶたの)が選ぶ、グループステージの面白かった名試合をご紹介!!

5試合目 アルゼンチンVSサウジアラビア戦





スコアはまさかの1-2。
サウジアラビアが歴史的快挙。全世界が驚いたサプライズでした(笑)

キックオフ前半からゲームの主導権はアルゼンチンが握り、支配率も圧倒。
終始攻められ続けるサウジアラビアでしたが、サウジアラビアの守護神GKアルオワイスがすごかった。
そして、頻繁にコミュニケーションをとって最終ラインの統一を行うサウジアラビアのDF陣も良かった。
メッシがPKを決め1-0に。その後もアルゼンチンには得点シーンが多々ありました。が、VARでのオフサイドへのジャッジに覆るなどしノーゴールの判定へ。
会場のボルテージもサウジアラビア寄りに。

オフサイドディレイに苦しめられるアルゼンチンは試合を通して10回のオフサイド判定も(汗)

後半、サウジアラビアの決定機は3回ほどきました!そのうち2回をものにし1-2で勝利をしたサウジアラビア。
凄すぎる。興奮しました!W杯始まって5試合目ではやくも波乱が起こっていました。

10試合目 ドイツVS日本

日本人ならこの試合はハイライトでもみるべき。
優勝候補のドイツに勝った試合。
大逆転という点が熱い!ドイツに走り勝ち!
多くは語りません。映像で確認を。

14試合 ウルグアイVS韓国

スコアドローだが見ごたえのある試合。
お互い両サイドからの崩しでチャンスをつくるも得点ならず。
ウルグアイはスアレスが調子が悪く後半カバー二と交換するも、韓国を崩しきれない。

バルデルべの猛攻も守り切る韓国。バルデルべは攻守にわたって活躍。

後半、長い時間を韓国に押し込まれるもバルデルべの決死のディフェンスで守り抜く!

15試合目 ポルトガルVSガーナ

スコアは3-2。
クリロナの5大会連続ゴール!伝説の生まれた瞬間でした。

トーマスパーティ踏ん張るが、ポルトガルに先制を許す。
ガーナが追いつく!ポルトガルが勝ち越し!そして追加点で突き放す。ガーナは後半終了間近1点取り返し、とにかく弾丸戦!!

アディショナルタイムにハプニングが(笑)
映像で確認を。(youtubeハイライトには載っていないのでabemaで確認を!)

17試合目 ウェールズVSイラン

64年ぶりのW杯出場をきめたウェールズの2試合目はアジア王者イラン。

意外にもイランが終始攻め続ける試合展開。イランが先制したと思われたがオフサイドだったのはもったいない!
初戦は、ベイルの技ありPK獲得!で引き分けたウェールズは、決勝トーナメントに行くには勝ちが必要なはずなのに。。まさかのイランの猛攻に耐え凌ぐ90分間。引き分けを狙いに行くウェールズでしたが、
イランはアディショナルタイムに待望の1点を!チェシミのミドルシュートは圧巻です。映像でご確認を。
追いかけるウェールズはリスクを冒し、全員攻撃!!!
でしたがイランのカウンターでKO。0-2でウェールズは惨敗。

イランサポーターは歓喜に。ウェールズサポーターの目には涙が。

28試合目 スペインVS日本

日本時間朝4時からの試合、皆さん寝不足になった方もたくさんいらっしゃると思いますが、この試合を実際に早起きしてみたあなたも!ニュースで知ったあなたも!一日がんばれましたね♪

ドイツに続いて、最高な試合をありがとう日本。

2点目は世界中で物議を醸しているらしい。そりゃそうか。。

こちらも多くは語りません。映像で確認を是非。

45試合目 韓国VSポルトガル

スコアは2-1で韓国の大逆転。

ポルトガルは決勝トーナメントが決まっているとはいえ、、

クリロナ含む主力が3人後半に交代させられていたとはいえ、、

ポルトガルにアディショナルタイムに追いつく韓国すごすぎる。まけてたら決勝トーナメントに行けていないのです。韓国が勝ったことで、ウルグアイは決勝トーナメントへは行けず。波乱を巻き起こすアジア勢。すごい試合でした!

他にもオススメシーン紹介!!

もちろんこの試合以外にも、名シーンがたくさん生まれました。

気になった方はabemaでフル見れますよん!

  • 1試合目:カタールVSエクアドル エネルバレンシアの幻のハットトリック!
  • 2試合目:イングランドVSイラン イングランドの華麗な6得点。
  • 7試合目:ポーランドVSメキシコ レバンドフスキのPKをオチョアがセーブ
  • 8試合目:フランスVSオーストラリア フランスの大逆転
  • 10試合目:スペインVSコスタリカ 7得点と今大会大量得点
  • 16試合目:ブラジルVSセルビア リシャリルソンの圧巻の2得点
  • 4、20、35試合目:アメリカ代表の試合!プリシッチの圧巻のアシスト&シュートセンス
  • 21試合目:オーストラリアVSチュニジア ムーイのナイスDF後半に覚醒!?
  • 23試合目:デンマークVSフランス 均衡を打ち破るエンバぺ
  • 38試合目:オーストラリアVSデンマーク リッキーの大仕事。決勝T出場へ。
  • 39試合目:アルゼンチンVSポーランド シェフチェニーの覚醒&後半49分のメッシVSレバンドフスキの1対1

カタールW杯ベスト16が決定!

ベスト16が出揃いました。さて、始まりますね。

  • オランダ(前回大会出場なし)
  • アメリカ(前回大会出場なし)
  • アルゼンチン(前回大会ベスト16)
  • オーストラリア(前回大会GS敗退)
  • 日本(前回大会ベスト16)
  • クロアチア(前回大会準優勝)
  • ブラジル(前回大会ベスト8)
  • 韓国(前回大会GS敗退)
  • イングランド(前回大会ベスト4)
  • セネガル(前回大会GS敗退)
  • フランス(前回大会優勝)
  • ポーランド(前回大会GS敗退)
  • モロッコ(前回大会GS敗退)
  • スペイン(前回大会ベスト16)
  • ポルトガル(前回大会ベスト16)
  • スイス(前回大会ベスト16)

12月3日深夜24時決勝トーナメントがキックオフ!

お見逃しなく!それでは豚野は観戦のためにポップコーンを買ってきます!それではばいばい!